郵便料金不正

パンドラの箱を開けてしまったのか、また1社、郵便料金割引制度を
不正利用した会社が見つかった。

今思えば、私も何度もこの手のDMを受け取っている。
健康食品やアイデア商品のDMに、なんでか、なんとか
福祉団体とペラっとした新聞が入っている。なんか、うさん
くさいと思っていたら、郵便料金にカラクリがあったとは。
あいまいな記憶だが、最近は、その手のDMが届くことは、
なくなった。

あんなに大量の郵便物を出すのだから、どう考えても、
郵便会社の担当者もわかってたのではと、疑いたくなる。
今後、正規料金との差額をキチンと回収するんだろうか。

どこの会社にも営業ノルマはあるんだろうが、郵便局は
ノルマがきつ過ぎるからこんなことが起こるのではないかと
思った。遠縁に、郵便局に勤務する人がいるが、その
人から、定期的に、頼まれごとがある。つい先日も、
エキスパックの購入を頼まれたばかりだ。
他にも、年賀ハガキ、郵パックのうまいもの便、・・・

人によっては、自分で大量にエキスパックを購入して、
金券ショップで売却する人もいると聞く。購入した価額より
安く処分するのだから、その人が差額、身銭をきることになる。

あまり、むちゃなノルマを課すからこんなことが起きる土壌を
生むのではないだろうか。
いや、そんな優しいこと言ってたら、この世で生き残れないのかも・・・


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック