司法書士会の研修

本日、司法書士会から、研修単位認定の「履修証」が
届いた。履修証は、賞状みたいな感じで、褒められた
みたいで、ちょっと嬉しい。

司法書士は、1年度に最低12単位の研修を受ける
義務がある。1時間が1単位でカウントされる。
ちなみに、私は、27.5単位。
12単位をクリアしないと、司法書士会主催の法律相談の
相談員になれなかったり、会からお咎めを受けたりする。

だから受講するわけではない。
なんといっても自分自身の能力向上が、
いちばんの目的だ。(←ナイスですね)
私のポリシーとしては、1回の研修で、なにかひとつ得て帰る
ことにしている。

本を読んで理解できなかったところが、人の話を聞くことで、
あっそうか、と理解できることがよくあるんで、研修はありがたい。

研修会は、平日夜間、休日に行われるが、昨今会場の
収容人数の関係から、1か月以上前に、事前申し込みが必要
になっている。
申し込むときは、やる気まんまんなれど、いざ当日になると
かなり、会場までの足取りが重くなる。

ドタキャンする人も結構いるらしい。

講義が、終盤になると、まだ終わっていないのに、
そそくさと会場を出ていく人もいる。
なんか事情があるんだろうけど、特に講師が
外部からおいでいただいた、弁護士さんとか大学の先生とか
だと、ちと失礼ですよね。

なにせ、品位保持義務があるのですから、
というか、マナーですね。
なんて、えらそうなこと言ってすみません。
自戒の念を込めての発言です。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック