著作権法の一部改正

著作権法の一部改正作業が進んでいる。
この改正、結構我々に身近な内容のようだ。

改正により、インターネットで、テレビの過去の
放送分が見られるようになるようだ。もちろん、有料。
現行の著作権法では、出演者の個別の承諾がいるなど
して、ネットでは、流せないしくみになっているらしい。

ハードディスクレコーダーが普及し、テレビの録画は、
ビデオ時代から、飛躍的に便利になったが、録画を
忘れていたらどうしようもない。そんな録画忘れの
とき、昨夜の放送をパソコンで、見ることができるよう
になるというわけだ。

日本は、インターネットの利用料金が、諸外国に比べて、
安いらしい。光ファイバーやADSLの高速回線が
かなり普及しているが、その高速を活かしたネット
事業では、かなり遅れているようである。
宝の持ち腐れ状態になっている。

Ipod用の、音楽ダウンロードサイトに、Ituneというのが
あるが、このItuneの米国版を見ると、テレビの人気
ドラマやドキュメンタリー、映画などがダウンロードできるように
なっている。映画なんか、レンタルダウンロードというものが
あり、ダウンロードして数日たてば、視聴できなくなるが、
買うより、安い。
残念ながら、日本版Ituneにはそういうのは無い。

高速回線は、動画を見られるというのも、魅力の一つなれど、
みたい動画がなければどうしようもない。

改正後は、いろんな放送がダウンロードできて、
Ipodとかに、入れられるようになれば、それは
それで、便利になる。でも、こうなると、レンタルビデオ屋さん
にとって脅威になるか。

素朴に考えると、いっそのこと、ネットで、テレビ放送をリアルに
見られるようにしてくれれば、ほんとに便利になるんだけど。
近いうちに、そんな時代になるかもですね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック