不動産の謄本様式変更へ

来週月曜日(6月15日)から、大阪法務局管内の
不動産の登記事項証明書(通称、謄本)の様式が
A4タテ置きになり、記載内容の配置とあわせて
変更になる。

下記、参照

http://www.moj.go.jp/MINJI/minji162.html

変更ついでに、オンライン指定になった日付も
入れて欲しかったですね。

従来の、B4半折りで、タテ書きだった登記簿謄本が、
数年かけて、現在のA4ヨコ置きになっていったことが
少し懐かしく思えますね。

B4とA4の混在期間も結構長かったし、受験時代から、
タテ書きで、壱・弐・参・拾の多角文字に慣れ親しんだ
私は、横書きになり、1・2・3となっている登記簿が
どうも見にくかったことを思い出します。

おまけに、謄本は、1・2・3なのに、申請書は、縦書きで、
壱・弐・参で書くという、ややこしいこともありました。

近畿地区では、奈良法務局がすでに、変更されている
ようですが、今回の大阪のあとの変更予定は出てません。
近畿地区は一斉にとかにして欲しい気がしますが。

さて、今回の様式変更、いつになれば、全国すべてが、
変更になるのでしょうね。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック