司法書士テリーの四方山ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 遺言作成キットなるもの

<<   作成日時 : 2009/06/12 13:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

いや、目の付けどころがシャープ。というか、コクヨ。
文具のコクヨから、「遺言作成キット」が発売された。
今朝の日経の記事。気になる価格は、2415円。

遺言を書く専用紙に遺言を入れる封筒、下書き用の用紙等、
そして解説書がセットになっている。

遺言書の方式には、いくつかあるが、これは、もっとも
簡単に遺言できる自筆遺言の作成キットである。
遺言書を書く方は、増えてきているというものの、
データがあるのは、公正証書遺言あるいは、遺言の
検認申立ての件数くらいしかないので、実態は把握できない。
しかし、コクヨでは、重要大と見込んだのであろう。

自筆遺言のポイントは、遺言全文、日付、署名を全部自分で
書き、最後に署名の後に、ポンとはんこをついておくこと。
はんこは、認印でも実印でも、なんでもよいことになっている。
書いたあと、別に封筒な入れないとダメということもないが、
通常の感覚だと、封筒にいれるだろう。

書き損じたときは、訂正方法が、ややこしいので、
書きなおした方が、よいかもしれない。

もっとも、形式は、バッチリ法律に沿っていても、肝心なのは、
やはり中身である。
それから、死亡後に、遺言を発見してもらうこと。

いきなり、便せんを前に、遺言を書こうとしても、難しかも
しれないので、参考書を1冊購入されたり、こういうキットを
使われるのもよいかもしれない。
なお、自筆遺言は、遺言者が死亡したあとに、家庭裁判所
の検認手続が必要となる点も、お忘れなく。

もちろん、我々に事前に相談されるのことも、お奨め。

大阪市淀川区西中島6-3-32

第2新大阪ビル805号

光嶋司法書士事務所

06−6306−2657

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文


マイリンク集

遺言作成キットなるもの 司法書士テリーの四方山ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる