裁判員裁判

裁判員裁判、舌噛みそうです。
初めての裁判員裁判なので、ニュースになることは、
わかっていたが、こんなに、連日トップニュースを飾るとは、
思っていませんでした。私の認識が低かったのかもしれません。

NHKなんか、毎時、逐次中継していたうえ、9時のニュースでも
時間を割いていました。
しかし、こんなに、裁判員の一挙手一投足に注目され、
今日は一人が、今日は全員が質問したなんて取り上げると
裁判員には、それでなくともストレスな作業なのに、
これでは、たまらないなと思っていました。

朝、登庁時には、顔は映らないものの、服装とか雰囲気は
わかるし、プライバシーもなにもあったものではないし、
これから、裁判員となる人は、かなり腰引けそうに思います。

今日まで、平穏に暮らしていたのに、被告人より、渦中の
人になるんですからね。

なんて、思っていたら、今ニュース見てびっくりです。
裁判員の人、全員ではないようですが、顔が映ってるし、
記者会見までしてますやんか。
音声は、裁判員に過度の負担をかけないよう流されて
いませんが、顔出しって、十分過度な負担な気がしますが。

ほんとに、みなさん納得ずくで顔出ししてるんだろうか。
裁判員を務められた方は、ほんとうに御苦労さまだったと
思うし、何も悪いことしたわけでもないので、顔隠す必要も
ないのかもしれませんが、ちょっと違和感感じました。

準備万端の成果でしょう、報道ぶりからしても、最初にしては、
ずいぶんと順調に進行、終了したようです。

先ほどの、記者会見の裁判員のコメントも、すごく模範的で、
スマートだし、なんかただ者とは、思えない感触を覚えました。

つまり、そのなんというか・・・
やっぱり、このへんでやめにしておきます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック