今日は、「時代祭」です

本日は、正午、京都御苑をスタートし、平安神宮をゴールとする
時代祭の日です。

お天気もいいようで、何よりです。
観光の方がたくさんお見えになっているので、
はやりお天気がよければ、楽しんで帰っていただけるので、
ほっとします。

京都三大祭り、「葵祭」、「祇園祭」、そして「時代祭」。
ただ、水をさすようで申し訳ないですが、
子供のころから、「時代祭は、あとから、最近できた祭りやから」
とよく年上の人から聞きました。つまり、ほかの二つのお祭りに比べ、
歴史が浅いので、やや格下扱いされている気がします。
あくまでも、私の主観ですが。

まあ、最近できたといっても、明治28年です。
この年に、平安神宮が創建され、このお祝いとして始まっています。
よって、実は観光名所の平安神宮も最近できたものです。

京都では、この前の戦争と言えば、「応仁の乱」をさすなんて、
よく笑い話になりますが、さすがにそんな人は少ないでしょう。

でも、昨年だったか、騒ぎを起こした、某料亭が、老舗料亭と必ず、
老舗と付けて報道されているのには、違和感を感じました。
たしか昭和の創業だったからだと思います。
昭和で、老舗とはいわんでしょう。最低、100年は、歴史が
欲しいとこです。業種業態にもよりますけど。

ちなみに、葵祭りはの起源は、古墳時代となってました。
高句麗の末期、風の国のころですかね。(笑)

祇園祭りは、平安時代前期となってます。
古すぎてイメージわきません。
こういうときは、京都新聞さんの情報が役にたちます。
お暇な方は、下記をご参照
祇園祭りについて、
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/gion/gion.php?mode=h
葵祭りについて、
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/aoi/aoi.html
時代祭について
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/jidai/jidai.html