2010年版六法 発売開始

先週の土日なんか、10月入ってまだ半袖で過ごしていたが、
いきなり、昨日から涼しくなった。通勤電車に、暖房が入って
いた。

日曜日に書店を覘くと、2010年版の六法がならび始めていた。
もうこんな季節か・・職業柄、新しい六法の発売開始で、
秋を感じる。

出版社の作戦なのか、とりあえずという感じで、いわゆる
ポケット版の六法から各社発売を開始する。

本格的な六法は、11月に入ってからだったと思う。
ポケット版も、一昔前と比べると、ずいぶんと分厚く
なっているし、その分価格もアップしている(と思う)。

時代に適応して、横書きのもあった。執務参考書籍は
もやは、縦書きだと、なんか扱いにくいが、六法の
横書きは、まったくなじめない。

ネット社会の現在では、当然、法律もネットで閲覧は
できるが、やはり、これもなじめないから、紙の六法は手放せない。
鉛筆でチェックしながら、読み込んでこそ定着する。

出版不況の中、六法は毎年一定の需要があるだろうから、
出版社にとっては、結構おいしい商品だと思う。
それに、めったに出版社を浮気しない。同じ感じで、
構成されていないと、どうも読みにくいからだ。

本格版の六法の出版が待ち遠しい。