相続登記はお済ですか月間

おさむ~ございます。
新大阪は、15時ころ吹雪いており、
越冬ツバメ状態でした。

毎年2月は、全国司法書士会が
「相続登記お済ですか月間」を展開しています。

今週月曜日のKBS京都「司法書士さんに聞いて
みよう」のコーナーでも、告知していました。

できれば、日刊紙とか、週刊文春とかに、
どかんと、司法書士会として、広告出して欲しいところでは、
ありますが、いかんせん予算分で、叶わぬ夢。

よって、個人的にこのブログで告知します。

大阪司法書士会のサイトをさっき見たのですが、
どこにも、このことが書いてありません。ガク。
京都司法書士会は、しっかり書いていました。
ほかは、面倒なので見ていません。

「相続登記に期限はあるのか?」

答えは、期限なしです。
死亡から10カ月といわれることが
ありますが、それは、相続税の申告期限です。
ただ、相続税の申告に連動して
相続登記をすることはありますが、
そのへんが、ごっちゃになっています。

「期限がないなら、ほっておけばよいか?」

答えは、ほっておくと、あと後面倒なので、
すみやかに相続登記することを
強くお奨めします。
それは、なぜか?

相続人が、いずれ、死亡し、相続人の相続人が
、そのまた相続人と、相続人の範囲が広がってしまい、
収集、すなわち話し合いができなくなるからです。

まだ、ほかにも、理由はありますが、とにかく
放置しておくと、不都合なことが起きる
可能性があります。
だから、この機会に相続登記を済ませるのが、
いいかと思います。

随時相談受付中!

画像