司法書士テリーの四方山ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 1万人の第九 練習始まる

<<   作成日時 : 2012/08/23 12:41   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
浪速の年末の風物詩
「1万人の第九」

私は、第2回(1984年)から、
合唱団員として数回連続参加するも、
ここ20年は、歌っていません。

昨年、1万人の第九を観衆として、
初めて聴きました。
今年は、30回目のアニバーサリー。

昨年、初めて観衆となって思ったこと、
やはり、聴く側より、歌う側になりたい。

約20年のブランクを経て、
このたび、合唱団に復帰することに。
復帰するには、参加申し込みして、
当選せねばなりません。
もっとも、男子は、当選確率が高いそうですが。

そして、無事当選し、
昨夜、めでたく、第1回目のレッスン。
淀屋橋の大阪倶楽部という、
由緒あるクラッシックなビルのホールが
練習会場。

20年のブランクがあるんで、
一応、初心者クラスでの練習参加。
一人参加なので、かなりアウェー感あり。

初心者クラスとはいえ、経験者が半分くらい
いっらっしゃいました。
参加者は推定、300人。

あちこちで、再開のご挨拶。
なんだか、乗り遅れ気分で、やや不安。

そして、練習が始まり、始まり。
まずは、体操で体をほぐし、
軽く発声練習。
ここらで、気分が乗ってきました。

早く歌いたいな。

発声練習後は、歌詞は歌わず、
マーマーマーで、パート別練習。
久しぶりに、楽譜を持って歌いました。
初心者クラスだけど、ずいぶんレベルが高いぞ。
こりゃ、ええ感じ。

特に、男性陣は、後ろのほうに、
かなりの実力者が、おられ、
全体をぐいぐい引っ張ってくれてます。

合唱は、初心者ほど、前に立つのがコツ。
後ろから、上手な人が歌ってくれるので、
それについていけばOKなんで。

ですから、初心者は、遠慮して後ろに立つのは、損。
まあ、わたしは、どっちつかずの、
真ん中あたりに陣取りました。

後半の練習では、4パート揃って、
まさに、合唱。
たまりまへんな〜
全身の毛が総立ちになりました。

4パートが、きれいに、ハモったときに、
4つの音が、響きあうんです。
この響きが、強烈な快感!
カラオケでは、絶対に味わえない、
この快感が、合唱の魅力。

仕事の研修会の2時間は、苦行そのものですが、
合唱の2時間は、あっという間です。

ああ、来週の練習が、待ち遠しいな。


大阪市淀川区西中島6-3-32

第2新大阪ビル805号

光嶋司法書士事務所

06−6306−2657

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス


マイリンク集

1万人の第九 練習始まる 司法書士テリーの四方山ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる