一万人の第九 本番まであと4日

一万人の第九、本番までカウントダウン!
昨夜は、東京の江東公会堂で、
チーム東京の合同練習、指揮はマエストロ佐渡、
いわゆる佐渡練がありました。

参加された方の、現地よりのツイットを
見ると、会場の熱気、興奮ぶりが伝わってきました。
予定の1時間を、20分も超過したほど、
力の入ったレッスンだったようです。

東京は、全クラスが一同に会すというのが
魅力的ですね。
大阪は、何回かに分けてやりますからね。

江東公会堂は、「題名のない音楽会」の会場にも、
なっているので、佐渡先生の準フランチャイズ。
最後は、合言葉は、「大阪で!」という言葉で
締めくくられたようです。

そして、今夜は、
兵庫県立芸術文化センターで、
チーム大阪の半分の、佐渡練があります。
ここは、佐渡先生のホームグランドです。
私らは、尼崎のアルカイックだけど。

わたしは、佐渡練は、初体験です。
どんな感じなんやろな?

その一体感、熱気を想像しただけで、
身震いします。
今夜、こっそり、会場に乱入してみようか(笑)

私の佐渡連は、金曜なんで、
今夜の方が、余韻が味わえてよかったな。
金土日だと、一気に終わってしまい、
後から来る、寂しさがつらくなる。
三連休がいいのか、
飛び石連休がいいのかみたいなもんです。

あと、三日で本番を迎えられる嬉しさと、
祭りのあとの寂しさ。
なんか、むずむずする日々です。