一万人の第九 本番朝編

いよいよ本番の日を迎えました。
昨日の、前日リハーサル、
つきに、一万人がそろいました。

佐渡練に参加された方、参加できなかった方、
リハを通して徐々に、団結していきましたね。

やはり、一万人という数はすごい。
私は、バスのアリーナ14列目、
甲子園で例えると、バックネット裏
グリーンシート3塁ベンチ近あたり。

ソリストが入って、オケで、歌うと、
なんだかすごくうまく歌えてる気がします。

もちろん、きのうは、70%くらいの声、
本番では、100%以上で、歌い上げるつもりです。

飛び出しにだけは、気を付けて、
あとは、思いっきり楽しんで歌います。

音を楽しむ、と書いて、音楽です。
ただただ、楽しみます。

最後の蛍の光では、間違いなく泣きます。
でも、きょうは、もうこらえません。

一万人の仲間たちと、いい一日を過ごせますように


写真は、ひょっこり出てきた、
1985年第3回の刻印のある参加賞のコップ
画像