多士済済

多士済済(たしせいせい)
月並みですが、広辞苑によりますと、
”すぐれた人材が多くあること。
 たしさいさい” とあります。
昨日、発足した第2次安倍内閣の
布陣を見て、まさに、この言葉が
当てはまるなと、つくづく感心しました。

この3年3か月、何度か大臣の就任を
見てきましたが、なんで?こんな人が大臣?
WHY?と思うことが、毎回ありました。

例えば、元タレントで有名なだけで、
何か専門分野でもあるの?
国会議員になってからの実績は?
というような人も、堂々と大臣になってましたね。
だいたい実績のない人ほど、
やたら、襟を立てたりして、目立とうとする。

今回は、名前を存じあげないかたも、
2名いましたが、
ほとんどの方は、いままでの
活動ぶりを知っている方ばかりで、
何かしら、安心感があります。

安倍首相の、全閣僚が復興担当大臣の
つもりで、政務に励むように指示も、
東北の皆さんにとって心強いと思います

もっとも、前評判は、このようにかなり
高いわけですが、まだ、何もやっていません。
期待値が高いだけに、
しっかりとお仕事をしていただき、
我々の期待を裏切らないように、
頑張ってもらいたいです。

ところで、新内閣発足にあたり、
いろんな役職があるんですね。
新聞をみると、
「首相補佐官」
「首相秘書官」
「内閣官房参与」
「官房副長官補」
最後の、官房副長官補なんて、
いつも呼ぶときは、どう呼ぶんですかね。
興味わきます。
そういえば、一般の会社でも、
課長や、課長代理いて、
時々、課長心得という役職をみたりします。
部長と次長、どっちがえらいの?
ややこしい。

官房参与は、みなさん民間人ですから、
私が就任することもできるわけです。
昨日も、万一、就任要請がきたら、
どうしようか、なんて思っていましたが、
結局、きませんでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス