1万人の第九 森ノ宮7 第5回目レッスン

早いもので、日曜日は5回目のお稽古日。
このクラスでの、お稽古は、6回目を残すのみに。

富岡先生がお休みということで、
代打は、フジサワ先生(女性)
本職は、ピアノの先生で、昨年までは
佐渡練でピアノを弾いておられました。

ピアノ家目線からの指導ということで、
いろいろと新たなことを教えていただきました。

ブレス(息継ぎ)のポイントや、
口の開け方、口腔内の開け方、
全部は、無理だけど、いくつか物にしたいです。

頭のてっぺんから、声を飛ばす感覚、
小学校のときに合唱団に入っていたのですが、
よく注意された記憶があります。
口の開け方も、よく注意されてたな~

基本は、何年たっても同じなんだなと
つくづく感じ入りました。

練習内容は、前半は、今年のゲスト
MAY.、Jさんと歌う曲。

ビリーブと アナ雪 の2曲。
ビリーブは、近年有名な曲だそうですが、
わたしは知らない曲でした。
でも、楽譜も難しくなくて、歌いやすい曲、
初めてでも、すんなり歌えました。

アナ雪は、これで~いいの~
さびの部分を、アー、アーとハモるだけ(笑)

後半は、私の大好きなフーガをみっちり。

来週で終わりだけど、シャッフル無さそうやな~
ちょいと残念。

当日の座席券も配布されました。
3年連続のアリーナ席ですんで、
MAY、Jさんの背中を見て歌うことになりそうです。

MAY、Jさんだと失礼ながらギャラもお高くなさそう
なので、あと一人、昨年の仲間由紀恵さんのような
ゲストがありそうな予感がします。