佐渡裕氏 始球式

きょうは、朝から本降りの新大阪

昨夜の、阪神巨人戦
始球式は、佐渡裕先生でした。
燕尾服スタイルの縦じまユニフォームで登場
背番号は、兵庫県立芸術文化センター10周年に
ちなんで、「10」

投げた球は、これまたとんでもない、大暴投
始球式は、いろんな権利関係で、中継には
映らないことが多いです。
きのうのも、チラット映った程度
実況アナも、今の歓声は始球式ですと
いうだけです。

グラブは吉田監督贈呈のものらしく、
試合中に観戦する佐渡さんを吉田監督が
訪問する姿が、現地の方に目撃されてました。
ともに京都人。

ベンチの右上最前列に、お子さんとおぼしき
少女と観戦する短パン姿の佐渡さんが
映りこんでました。
佐渡さんのお子さんが公開されたの初めてかな?

私は、気付かなかったのですが、
舞台監督の小栗哲家さんもその近辺におられたようです。

佐渡、小栗と言えば、兵庫芸文センター、
そして1万人の第九コンビでおなじみです。
ちなみに、俳優の小栗旬さんのお父上です。

佐渡さんもいまや世界の、ユタカ・サドです。
海外のお仕事が増えることで、題名のない音楽会の
司会も降りられることになりました。残念。

世界といえば、昨夜も一昨夜に続き
世界のケン・ワタナベさんが甲子園に。

世界をまたにかける年齢の近い二人が
阪神戦を観戦。
接触はあったんだろうか。