1万人の第九 森ノ宮9 第2回目お稽古

すっかり秋の空です。
きのう(9/13)は、万九の2回目のお稽古。
前日、久しぶりのデーゲームで太陽にさらされ、
おまけに長い長い引き分け試合をみせられたせいで、
かなり疲労してましたが、森ノ宮へGO

なんだか、休日出勤気分

練習内容は、練習番号G(313小節)の
キュッセ カブズィ・・・から

そして、男性合唱。
テレビでは、佐渡先生と肩を組んで歌うシーンが
流れますが、あの部分です。
去年は、私も晴れて、肩を組ませていただきました。
もちろん、今年も狙います。

有名なメロディー部分のMをやって、
そのまま、厳かな、ザイトウム シュルンゲンへ突入
このあたりから、フーガに向けてテンションが
上がり始める私。

そして、2回目なのに、まさかの二重フーガへ突入しました。
フーガで俄然目が覚めてきて、昨日の疲れが吹っ飛びました。
二重フーガ最高!
やっぱり、合唱のパワーはすごいわ。

練習時間が、2、3分残っていたので、
恒例?のプレッチシモ(795小節)を歌いました。
〆は、辻本先生の見事なピアノ演奏で、ブラボー!

角地先生のご指導は、ほんとわかりやすいです。
新しいことをたくさん教えて頂けるのです。
それに、テンポがいい。
結局、2回のお稽古で、全部歌いきりました。
普通は、なかなかフーガまで行かずに、やきもきします。
それで、最後のほうで、時間が足りなくなるんです。

受験勉強とかでも、同じですよね。
いちいち、つっかかってたら進みません。
まずは、5割理解できたら、どんどん前進、
そして、全体を知ることから、勉強は始まります。
「まず、森の見よ!そして、木を見よ、枝を見よ」
有名な受験の格言です。

次回の練習は、9月27日。
課題事項を自主トレせねば。

テンションMAXで、聖地へ移動しましたが、
またまたえらい、もっさい試合を見せられて、
テンションがた落ちとなりました。