戸籍がつながらない

昨夜から、「遺産争続」というドラマが始まりました。
「相続」ではなくて、「争続」
よく相続セミナーとかで、講師がつかみに
この「争続」という言葉使います。

テーマがテーマなんで、職業上、必見、かつ、
最後に出る、法律監修はどなたか興味あったのですが、
気がついたら、朝になっていました。

相続といえば、まずが、亡くなった方(被相続人)の戸籍を、
死亡時から、過去にさかのぼり出生時まで
集めることから始まります。
集めることで、相続人がはっきりします。

現在、受託中の相続、
被相続人は、調停離婚をされて、実家の戸籍に
戻られたのですが、ここで問題が。

通常なら、直前の本籍地が書いてあるのですが、
離婚調停により、戻ったとしか書いてないのです。

これでは、結婚時の戸籍を取ることができません。
ただ、、偶然、被相続人が結婚する直前の別の戸籍が
入手できたので、そこに結婚時の本籍地が当然書いて
あったので、そこへ戸籍を請求しました。

これ、たまたま、別の戸籍があったからいいものの、
もしそれが無かったなら、どうなってたんでしょう?

というか、直前の本籍を書かないケースってあるの?

なにか、前途が多難な予感がしてきました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0