1万人の第九 2015 テレビ放送編

平成27年12月23日(水)13:55~14:52
京都の天気 夜から雨

例年この記事を書いているので書きます。

今年の放送は、事前情報やゲストの豪華さから、
いままでと違った構成になることは容易に
想像され、合唱部分は、7、8分と予想してました。

予想があたり!
期待に応えない!
(伊藤隼太が代打で出てきて、
初球を打ち上げた時に、
このフレーズを使います)

思い起こせば、一昨年の放送がひどかった。
そして、昨年の放送は、驚くほど素晴らしかった。
昨年の記事をご参照
http://blog.mitsushima.com/201412/article_19.html

番組タイトルが、「クラッシックなんか怖くない」
ピース又吉先生の収入等々、
音楽と関係ない話題が続きました。
途中で、なんの放送見ているのか、わからなくなり、
cm前に、このあと90秒後、○○・・・

そして番組残り時間10分を切りそうなとき、
画面に、このあと「120秒後」に1万人の第九・・・・

なぜか、ここだけ120秒

いよいよメインディッシュなんで、視聴者は
チャンネルを他局に回すことがないから、
120秒もcmを入れたんですね。

1万人の団員が待ちに待った、合唱シーン。
僅か7分程でしたが、あの日がよみがえりました。

自分の場所がわかっているので、全体画像では、
数回、自分が確認できました。

放送終了後、さあ、録画スロー再生で自分探し(笑)
おおおお、放送開始48分30秒
横顔ですが、ばっちり認識できるレベルで
映っていました。
歌っているところが、ハッキリと映ったのは
初めてのことなので、嬉しかったです。

すでに、12月14日に、申し込み〆切りと
なったブルレイ、申し込んでおいてよかった。