一年の締めは、やっぱり「第九」

やっぱり12月は、第九と忠臣蔵。
きのうは、京都コンサートホールで
高関健指揮、京都市交響楽団、京響コーラス

歌うのもいいけど、聴くのもいい。
合唱団は、オーディションがあるだけあって上手い。
特に、第九は、ソプラノには殺人的な高音部分が
ありますが、とてもきれいでした。
バスの高音部分とってもよかった。
あれを聴いて、オーディションを受けるなんて、
百年早いことを悟りました(笑)

数多の指揮者で第九を聴いてきましたが、
いまさらですが、気付いたことがあります。

世の中の第九には、佐渡第九と、それ以外の第九
この2種類に分けられることを。
佐渡さんの第九がドラマチックで情熱的で、
物語色がとっても強い。
簡単にいうと、大衆が楽しめる第九になってる。

それ以外の第九は、なんだか、かしこまった、
上品な、クラッシック音楽だ!という感じがします。

まあ、好みの問題ですが。

夜は、顔見世中継で忠臣蔵「土屋主税」を堪能しました。
両方堪能できた、珍しい日曜でした。

今朝は、すまたんもないし、
あさが来たがない、あさということで、
ルーティンが狂ってしまい、
定期券を忘れて、取りに帰るという失敗。
やはり、ルーティンは大事ですね。