合同会社説明会

阪神のキャンプも昨日で、3日目
この3日間、キャンプ中継を見ていると
いいことばかりで、こわいくらい。
なんだか、優勝が視野に入っていました。

阪急電車に「合同会社説明会」と大きな広告が

広告が目に入ったとき、私が思ったのは、
会社の形態のひとつである
「合同会社」の説明会があるのか
きっと、目端の利く会計事務所が主催だろうと
思って、今朝よく見たら、就職活動支援会社が
主催する、合同の会社説明会の広告でした。

いまいち世間の認知度が低い、
「合同会社」を売る込む広告だと
早合点していました。

合同会社が誕生して約10年
統計上は、年々設立件数が増えているようですが、
まだまだ認知されてないと思います。

株式会社の資本金の金額に制限が無くなったので、
起業し易くなっています。
起業にあたり、会社設立のご依頼を受ける際、
いちおう、合同会社という選択肢をご説明しますが、
やはり、認知度、知名度の低さからか、
みなさん、株式会社を選択されます。

1人で起業されるケースですと、株式会社も
合同会社も実質的に同じようなもんです。

合同会社だと、設立コストが安い。
設立登記の登録免許税が、株式だと最低15万円、
合同会社だと、6万円ジャスト。

合同会社は、定款に公証人の認証も不要なので、
認証費用約5万円も不要。
司法書士に電子定款を頼めば、
収入印紙4万円も要りませんから、
定款にかかる費用が 0円です。

メリットが結構あるんですが、
当然、デメリットもあります。

よく言われるのが、知名度の低さもさることながら、
登記簿に「代表取締役」と載らず、
「代表社員」となるところです。
この代表社員というのが、どうも、従業員代表のイメージに
捕らえられがちなんです。
社員というのは、法律では、出資者、すなわち
会社のオーナーを意味するんですけど、
一般的には、従業員を指しますよね。

これから起業される方は、一度合同会社も
選択肢に入れられては いかがでしょうか