いつでも、事件中で謄本が・・・

昨夜の阪神戦は、雨天中止
去年までの貧打打線のときは、
こういうときは、「打てん中止」と言われたもんです。

やけに、早い時刻で中止決定でたんで、
これも、超変革の影響なのか?

よく冗談で、電車に乗せるために、
ぎりぎりまで中止発表しないといわれてましたが。

かわりに、京セラのオリックス・日ハム戦の中継を
見てましたが、地元オリックスに、
日ハムも、いわば地元の会社ですが、
お客さん少なかった

審判って、セ・パで分けてあると誤解してました。
オリックス戦は、絶叫ジャッジで有名な
白井審判が球審を務めており、
おなじみの絶叫コールがドーム内に
響いていました。

特段、急ぎでない不動産登記を申請して、
完了したので、完了後の登記簿謄本を
取ろうとしたら、いつ請求しても事件中。

何棟もあるマンションの集会所なんですが、
持分から推定して、所有者の人数が
1000人はいそうです。

常時、マンションの売買が行われているので、
それにくっついている集会所は
いつも事件中とのこと。

以前なら、登記完了後に謄本を焼いてもらう、
事後謄本申請という制度がありましたが、
この制度があれば、取れるんでしょうが、
いまは、廃止された制度です。

結局は、窓口で申請書を預かってくださって、
取れるときに取ってくださることで、
落着しました。
オンライン申請なので、登記完了証が発行されるから、
完了後の謄本は、取らない人もいるのかな?

さて、何日後に取れるでしょうか・・・