役員変更登記 忘れてませんか?

会社法が施行されて、きのうで10年経過しました。

会社法により、すべての株式に譲渡制限がついている
株式会社の役員の任期を最長10年まで
伸長できるようになったことで、
多くの会社が、任期を10年にしました。

それまでは、メンバーが同じでも2年毎に
登記申請する必要があったのですが、
会社法により、それが10年に1度となったわけです。

会社法施行の、平成18年5月1日より前に
存在していた株式会社で、過去10年で、
役員登記を申請していない会社は、
役員変更を忘れているということです。

5月1日以降にできた会社も、そろそろ
役員変更の時期が来るということです。

役員の任期が来たといって法務局や税務署から
通知がきません。自己管理です。

10年も経つと、すっかり忘れている会社が
たくさんあると思います。
忘れたままにしておくと、
みなし解散になったり、罰金(過料)が課せられたり
します。

心当たりのあるかたは、いますぐ登記簿を
確認してみましょう!