最高裁判決 司法書士の代理権

裁判外の債務整理について、
司法書士と弁護士の見解が違っていた裁判につき
最高裁の判断が下りました。

業界的には、もちろん私も超注目してましたが、
一般の人にはさして関心ないと思ってましたが、
きょう、お客様から、この判決のことを聞かれました。

司法書士の代理権は、140万円以下ですが、
この140万円がどの数字を指すのか!
ここが争いのポイント。

司法書士側は、受益額説
借りたお金が600万円で、裁判外での和解の結果
支払総額が500万円となったとします。
この場合、受益額は、差額の100万円
この数字が、140万円以下なので、
司法書士に代理権有り!

弁護士側は、借りたお金が140万円以下でないと
代理権がないと主張
つまり、600万円だと当然代理権がありません。
(たぶん、この理解で、合っていると思います)

司法書士も身びいきで受益額説をとってるわけではなくて、
「注釈司法書士法」という、オフィシャルな書籍に
受益額説がかいてあるから、この説に従ってます。

このたび最高裁は、受益額ではなくて
借りたお金が140万円以下でないと
司法書士は代理できないと判断しました。

これですっきりしましたね。
無用な争いは、結局、依頼者である一般の方には、
迷惑になりますから。

わたしは、債務整理の裁判外和解の件数を
それほどこなしていませんが、
実は、受益額の計算がいまひとつ理解できず、
借りた金額を基準に依頼をお受けしてました。

和解が成立しないと、受益額が確定しないので、
成立した時点で、受益額が140万円超となったら
やっかいということもありました。

参考サイトは、
http://www.shiho-shoshi.or.jp/association/info_disclosure/statement/41603/
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=85969