「法定相続情報証明制度」(仮称)

新聞報道によると、「法定相続情報証明制度」(仮称)
なるものが早ければ来年度に誕生するようです。

銀行や不動産の相続手続きには、戸籍謄本が
必要になります。
この戸籍謄本、亡くなった方については、
死亡時から、さかのぼって、出生時までの
戸籍謄本が必要になります。
人によっては、膨大な戸籍の通数になったりします。

戸籍一式が提出する窓口毎に必要だったりします。

そこで、戸籍1セット取寄せたら、それを法務局に
相続関係図(家系図的なもの)とともに提出します。
法務局で戸籍を精査し、相続人を確定し、
相続関係図にお墨付きを与えます。

このお墨付き、関係図を金融機関等々に提出します。

これは、すごく便利な制度になると思います。
いまだと、銀行が数行ある場合、戸籍が1セットしか
なければ、A銀行に一旦戸籍を提出して、銀行で確認後、
戸籍を返してもらい、次にB銀行へ・・・
最後に、不動産登記へ
みたいな流れになり、時間がかかりますが、
この新しい証明書を数通取得すれば、
一気に手続きが片付きます。

しかし、こうなると、銀行なんか自分ところで
戸籍を精査する手間を省くために、
まずは、法務局でこの証明をもらってこい・・・
みたいな流れになると思います。
そうなると、登記に関係のない、戸籍のチェックの
業務が法務局に集中するんじゃないでしょうか?
法務局は、局の数も、人員も減っていると思うので、
職員さんがたいへんになりそうですが。

われらの業界的のは、どうなんでしょうね?






相続人確定のための戸籍の見方・揃え方
近代セールス社
菱田泰典

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 相続人確定のための戸籍の見方・揃え方 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0