株主リストの研修会へ

10月から導入される「株主リスト」の研修会に参加。
研修会って、ほんとうありがたいです。

法務省の通達が出たら、当然読みます。
が、自分流の理解をしてしまうことが多々あります。
特に、法律は、回りくどい表現だったりするので、
人と談義したり、話を聞く事で
理解が深まることがよくあります。

2時間の研修に出たら、何か一つは、収穫を!
得て帰ることにしてます。

今回の株主リスト、ごくシンプルな内容なんですが、
例の、10人 か、2/3か、
どちらか少ない人数の株主リストを作成せよ!
なんか、もや~と理解してました。

この2/3という数字に、引っ張られて、
特別決議と短絡的に結びつけてしまい、
2/3を証明するのが目的・・・・みたいな感じで
受け取っていたのかも知れません。

だから、少ないほう?というのが、なんか違和感あって。

10人より、2/3を先に書いてもらったほうが
わかりやすかったかも。

まず、総会に出席、欠席、賛成、反対も関係なしで、
単純に、議決権の多い順に、2/3に達する人数まで株主をリストアップする。

2/3リストアップする過程で、
株主10名をリストアップできれば、そこまで打ち止めOK。

要は、株主が大人数いる会社で、2/3リストアップすると、
たいへんな人数になるときは、
10人で打ち切ってOKということ。
考えてみれば、上場会社もこの法令を適用されますから、
10人で勘弁してもらわないと、大変ですよね。

研修にいってすっきりしました。