1万人の第九 テレビ放送編

万九の特番を、おそらく録画してご覧頂いた方、
見ていただいてありがとうございました。
そして、面白くない内容で、すみませんでした。

事前に、クイズがほとんどで、合唱は5分間と
小耳にかじっていたので、落胆しませんでしたが、
それにしても、なんで延々とクイズだったのか?

クイズも、どうでもいいような内容ばかりだったし。

司会にジャニーズのビッグネームがきたあたりで、
なにか、大人の事情を感じてはいましたが。

合唱部分の時間を多くして欲しいというより、
もう少し、万九という壮大なイベントの良さを
たまたまテレビを見たような方にも
感じてもらえる!そんな番組にして欲しかったです。

必ずしも、合唱団員向けの放送でなくてもいいですが、
あの内容だと、どういった層に狙いをつけていたのか、
まったく不明のままでした。

合唱団員からすると、本番終了後、佐渡さんの
生の声を現地で聞くことはないので、
あの特番が、汗まみれの佐渡さんの
直後の声が聴ける唯一のチャンスだけに、
それすら、今年はなかったのが実にがっくりでした。

スタジオにいた佐渡さんは終始、無表情で
訊かれたことだけに、答えるといった感じでした。
憮然とされているようにしか、見えませんでした。
(単純に、お疲れだった?)

あの特番で、流れていたCM数社は、
リハ、本番の長い長い、待ち時間中も
ホールのスクリーンに延々と流れていたんですよ。

合唱シーンよりも、あのCMのほうが、
本番当日を思い出させると言う、奇妙なことになってました。

来年、自分が出られても、出られなくても、
もっと、万九の魅力を伝える番組にして欲しいです。