新年早々、補正???

きょう(1/6金曜)も、暖かい。

新年早々、補正かと、肝を冷やしました。
昨年中に申請して欲しいとのお客様のご希望の案件、
お客様のご協力もあり、無事に申請できました。

オンライン申請も可能でしたが、件数が多くて、
紙申請のほうが楽で、間違いがないので紙申請。

郵便申請でも良かったのですが、書類の分量が
多くて小包になりそうで、久しぶりに窓口申請。

申請のタイミング的にみて、万一、補正があれば、
12/28とかに、法務局から電話があったら、
補正事件を抱えたままで、年越しをすることに
なり、それだけは、避けたい一心で、
12/28は、落ち着きませんでした。

そして、仕事始めの1/4
これまた、いきなり補正の電話がかかってきたらと、
夕方まで、落ち着きませんでした。
まあ、万全を期してるので、大丈夫とは思ってましたが。
1/5の朝に、オンラインで謄本申請したら
無事に取れたので、安心し、
午後から、法務局へ受領に出向きました。
書類の分量が多くて、レターパック対応できなかったので。

そして、窓口で受領を申し出たところ、
「追完」があります!とのこと。
(追完って、変換で、出てこない。専門用語?だった)

謄本取れたのに、追完
冷や汗・・・・

申請書に、
「登記済証または登記識別情報を提供できない理由
 紛失」
以上を記載するのを失念していたのでした。

そうなんです、当初、申請書を作成したときは、
登記済証(権利証)があるのが普通なので、
その体で作成しており、直前に登記済証がないことが
はっきりしたので、すっかり記載を忘れていました。

記載された内容をチェックするのは、容易なのですが、
例えば、誤字や脱字
書いてないものは、チェック漏れしやすいです。
それに、めったに書かない文言だったので。

添付情報には、「本人確認情報」と書きましたが、
そこまで、気が廻りませんでした。

しかも、申請件数が多かったので、
何回も、この文を追記することになりました。

こういうとき、遠方の法務局だったら、どのように対処
するのでしょう?

新年そうそう肝を冷やしたのも、神様の啓示でしょう。
ことしも、より一層、慎重に執務したと
肝に銘じたしだいです。

申請にあたり、知恵を貸してくれたご同業に
この場にて、感謝申し上げます。