おため

3連休は、好天に恵まれました。
高校野球に、WBCジャパン強化試合に、
大相撲に、オープン戦に、〆は100条委員会で
大忙しで、テレビがオーバーヒートしそうでした。

100条委員会、東京のことなのに、全国中継
しかも、国会の証人喚問でも平日なのに、
都民に配慮して、休日に委員会開催。

私も、関心があるので、途中から見ましたが、
ある意味、面白かったです。

とにかく、どの質問者の質問も長くて、
何が聞きたいの? か、よくわからない質問ばかり。
おまけに、持ち時間が9分間しか、5分間しかないので、
答は、簡潔にお願いしますといいつつ、
質問の前ぶりがダラダラ長くて、
簡潔に答えるも何も、持ち時間のほとんどを
自分のスピーチに費やす始末で、
石原さんが話しする時間なんて、ほんの少しでした。

ただ単に、質問者が自己アピールの場にした!
それで終わりでした。

「おため」とは、・・・・
23日に証人喚問がある理事長さん。
100万円を総理夫人から受取った際に、
お返しに、10万円を包んで、夫人に渡そうとしたとか、
しなかったとか・・・・

テレビの解説員の話だと、この10万円は、
交通費か?謝礼か?なんて言ってましたが、
これって「おため」違うかな?

地元、京都だけの風習なのか、関西全体の風習なのかは、
定かではありませんが、京都では、お祝い事、
特に、結婚祝いのご祝儀とかを、先様にお届けすると、
ご祝儀の1割の金額と、半紙の束をその場で、
お返しする風習があります。

例えば、3万円ご祝儀を渡すと、受取ったほうは、
奥の部屋へ、下がり、中味を確認後、
その1割、3000円の新札を「おため」ようの袋に入れ、
半紙の束を三つ折にしたものと一緒に、
贈り手に、返してくれます。

まあ、寄付金100万円におためというのも、変ですが、
たぶんあれは、おためなんだと思いますが、
テレビでは、誰も触れてなかったですね。

ちなみに、京都の百貨店とかには、
おため用の袋と半紙束を売ってたのですが、
いまでも、売っているんだろうか?