法定相続情報証明制度が始まります。

本日発売の週刊文春に、文部省の前の事務次官の
独占告白が、長々と掲載されてます。

獣医学部新設に伴なう、例の「総理のご意向」文書が
本物であると証言されてます。
本物と断言する理由は、退官したいまも、
この文書を保管しているからだそうです。

え!やめるときに、そんな文書を持ち出して
個人的に保管してても、いいのですか。。。。

来週5月29日(月曜)から、「法定相続情報証明制度」が
始まります。
どんな制度かといえば、戸籍謄本や住民票などの
相続を証明する書類一式と、
法定相続情報一覧図をセットにして、法務局へ提出すれば、
法務局で、相続関係をチェックしてくれて、
法定相続情報一覧図に、法務局がお墨付きをくれる制度です。

何のメリットがあるのか?

銀行や不動産の相続手続きをする際に、
戸籍謄本の束等、相続の証明書類が必要です。

銀行が、いくつもあったりすると、同時期に相続手続きを
済ませたいなら、銀行の数だけ戸籍謄本の束を
集める必要があります。

法務局で、法定相続情報一覧図にお墨付きをもらえば、
この一覧図が相続の証明書類となるので、
銀行や不動産の相続手続きが、短期間で済ませられます。

便利な気がします。たしかに。
「法定相続情報証明制度」の太っ腹のところは、
不動産登記を申請しない人でも、利用できる点です。
しかも、無料!もういちど言います、無料で!

不動産登記をしない人も、無料で、証明してもらえるとなると、
利用者が増えると、法務局の職員さんの仕事増えますね。

反面、銀行の相続窓口の人は、まずは、法務局で
証明書もらってきてください~なんて、案内したとしたら、
業務は効率化できます。

登記簿謄本1通とるにしても、600円。
戸籍の束を読み解いて、証明するのが無料。
なんか、違和感あります。