海の日は、山鉾巡行

台風3号が、夕方にも近畿を通過するみたいです。
早く帰路につきます。

7月1日の「吉符入り」を皮切りに祇園祭が始まってます。
街のなかも、阪急電車の駅も、朝から祇園囃子が
コンチキチン

メインイベントは、もちろん、17日の山鉾巡行。
でも、盛り上がるのは、16日の宵山、
または、15日の宵々山(よいよいやま)

ふとカレンダーを見ると、
15日、16日が、土日です。
そして、17日の月曜日が海の日で祝日。
この3連休、めったとない好日程になってます。

これは、観光業界は、ホクホクでしょうね。
昼は観光、夜は、宵山、そして、17日は朝から
山鉾巡行、京都を満喫できます。

昨年の山鉾巡行(17日)は、わたしも、めったに
見られないので、巡行を見に行きました。
巡行のスタート地点についたころに、
大雨が降り出したのですが、巡行開始とともに
雨がやみ、まさに、神事、神がかりだと実感しました。

16日あたり、ホテルはもはや満杯か?
ホテル検索サイトで、検索すると、空室がありました。

お手ごろなところでは、
リッツカールトンが、1泊2名で、23万円・・・・・
何気ない、ビジネスホテルで、5万円。。。。。

京都市内の中心部では、古いビルを壊して、
ホテルに立替が進みすぎて、
賃貸オフィスが不足しているそうです。
土地の価格があがり、オフィスの賃料では、
利益が出ないので、みんながホテルにするからだそうです。

外国人観光客が増えたおかげで、
こんなところにまで、余波がでてくるとは。