ひよっこ→ わろてんか

プロ野球開幕とともに、始まった「ひよっこ」も、
今週で終わります。
面白かっただけに、さびしくなります。

でも、安心

「わろてんか」来週から始まります。

朝ドラは、春夏の東京NHKより、秋冬の大阪NHKの
ほうが、いつも楽しみなんですが、
前回の、べっぴんさんでは、妙な関西弁をきかされ
実に辛気くさくて、大きく期待はずれだった。

東京製作は、全国が舞台となりますが、
大阪製作は、関西が舞台です。
そして、関西弁です。
なので、親しみやすいので。

わろてんかは、吉本興業の創業者の物語。
これだけでも、期待できます。

山崎豊子先生の、「花のれん」がこの創業者のお話ですが、
ドラマの原作かは知りません。
直木賞受賞作です。
大昔に読みましたが、まったく覚えてないので、
改めて読みたいと思います。

出演者の顔ぶれがすごい豪華。

物語は、京都から始まるようです。
そして、大阪へ嫁ぐ。
このあたりは、あさが来たの展開です。

あさが来たのポスターは下鴨神社でした。
わろてんかは、上賀茂神社で、撮影していたようです。
その後、京都御所でも撮影していました。

上賀茂神社、下鴨神社と違い、上鴨神社とは書きません。
京都市内の北のはずれにあります。
上賀茂神社の中は、小学校の写生大会以来
いった記憶がありませんので、近々訪ねてみます。
こちらも、世界遺産です。

放送を見てから行ったほうがいいですよね。







花のれん (新潮文庫)
新潮社
山崎 豊子
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 花のれん (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル