植物園から京都コンサートホールへ

きのうの日曜は、京都コンサートホールで、
京都フィルハーモニー室内合奏団、
通称、京フィルさんと、
あのビッグネイム 渡辺美里さんのコラボコンサート

コンサートホールは、植物園のお隣になるので、
紅葉見がてら、まずは、植物園へ。

写真のように、池に映る紅葉がとても綺麗でした。

そして、コンサートは、
京フィルさんのコンサートは、京響さんとまた違って、
カジュアルなコンサートですが、
ハズレがありません。いつも、ほんとに楽しいし、
聴かせてくれます~

指揮者の井村さんのトークがめちゃ面白いんです。
外見が、中川家の礼二さん風で。

演目の半分が、美里さんとのコラボ。
1曲目から、あのダイナミックな歌声で、
度肝を抜かれました!

超おなじみ「マイリボリューション」では、
手拍子とともに、いまにも、観客が立ち上がりそうでした。
クラシック専用ホールのコンサートホールで、
こんな光景は初めてみましたね~

意外なことに、美里さんが生まれたのは、京都。
ウィキには、お母様の実家、京都府精華町で誕生と
なっていましたが、これは間違いと、本人の弁。
正しくは、京都市内の四条大宮でお生まれに。
え!四条大宮とは!阪急の大宮駅周辺のことです。
(いま、ウィキ見たら、京都市生まれに訂正されてる)

さらに、美里さん、完璧にネイティブな京都弁を
話されるのには、驚きました。

さらに、さらに、ホールへ向かう途中で、
出町柳を通過した時に、「出町のふたば」さんの
大福を買いたかったが、行列で、断念したとのこと。

大福、ここは、正しくは、「豆もち」
まさかの、豆もつファンとは。
言ってくれれば、並んで、買っていったのに(笑)

京フィルさん、また行きたくなりました~
京フィルさんの公式サイトです。
http://kyophil.com/

画像