司法書士テリーの四方山ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 登記申請に、フリガナ記載

<<   作成日時 : 2018/02/02 12:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

平成30年3月12日月曜日から、
会社の登記申請書の、会社名(商号)に
フリガナを記載することになるようです。

これも、国の政策による効果なんです。
フリガナ、なんでもないようで、国家の政策なんです。

ずっと前から、疑問ではありました。
いまでは、読み方で、ネットで、商号の検索ができます。
この読み方、誰が決めたのか?

漢字だと、二通りの読み方できるケースはザラ
二通りで、検索できるのか?
試したことないですが。

大和・・・・ダイワかヤマトか、みたいな

まあ、支障を生じたことはありません。

戸籍や住民票もフリガナが基本ありません。
人名なんか、とっても複雑なのに。
ただ、住民票は、一部の市では、フリガナが
ある住民票を見ることがあります。
あれは、どうなってるのか?

今後は、登記の委任状をもらうときに、
念のために、読み方を確認する作業が増えます。。。。

大阪市淀川区西中島6-3-32

第2新大阪ビル805号

光嶋司法書士事務所

06−6306−2657

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ


マイリンク集

登記申請に、フリガナ記載 司法書士テリーの四方山ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる