IC交通カード

4月18日
きょうは、だいぶと暖かい
ここ1週間くらい、寒い日が続きました。

ピタパ、イコカのIC交通カードが普及して、
切符を買うことがなくなりました。
ピタパとイコカの相互利用化で、ピタパ1枚
あれば、どこへでもいけます。

ちょっと前まで新幹線のICカードは専用のものが
ありました。1度作りましたが、ほとんど利用しないまま、
落としたら困るので、廃止しました。

そしたら、専用カードは年会費が要ったりで
普及しなかったのか、年会費不要で、
手持ちのピタパを登録するだけで、新幹線にも
乗れるように改善されました。
どんどん進化します。

飛行機は、スマホ画面のQRコードか、
登録したICクレカなら、かざすだけで乗れる時代です。

通勤で使う、京都市バスの定期券がピタパと
一体化すれば、完璧ですが、いまだに、市バスは
懐かしい紙の定期券です。
それも、昨年から、イコカなら、一体化できるようになりました。

市バスの定期をICカードにすると、同じ路線を走る、
市バス以外の民間バスにも乗れるのです。
これは、おおきなメリット。

市バスは、外国人で満員ですが、なぜか、民間バスは
空いています。
おそらく、外国人が持っている、市バスのマップでは、
民間バスが載っていない?のだと思います。

IC定期なら、紛失しても再発行できます。
わたしも、市バス定期をICカードに切り替えたいのですが、
おおきな難点が。

市バス定期は、イコカのみです。

ということは、ピタパとイコカを2枚定期入れにいれることになる。
2枚いっしょだと、改札が誤反応するそうです。

そこで、必要は、発明の母!
2枚のICカードの間に、挟んで、誤動作を防止する
カードが売っています。

まわりに、実際に使っているひとがいないので、
ネットで、評判を検索すると、なかなかエラーもあるそうです。
だから、毎日、すごく、思案しています。

市バスを降りるときに、いつも、うっかりピタパを
読み取り器にかざさないよう細心の注意を払っています。
前に降りる人が、かざすと、つい、自分も
反射的にかざしそうになります。

2枚のICにすると、そのリスクも増します。

そんなんで、ついつい人のICカードが気になりますが、
関西なのに、案外、パスモやスイカを使っている人が
多いんです。パスモは、スマホにも、入るようです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0