ロサリオ・・・・

阪神、久々の大型助っ人「ロサリオ」
思い起こせば、2月のキャンプ
これはほんまもん!誰しもそう信じた。

3月のオープン戦になって、いまひとつ当たりが
出なくなり、いやいや、オープン戦と公式戦は
まったく別物、シーズンが始めれば結果を残す。。。

そして、シーズン開幕後、さらに状態は悪い気がするけど、
ロサリオは、5月くらいから、ガンガン打ち出すとの
報道に接し、期待し続けた。

でも、さすがに、がまんも限界点に近い。
ただ、打てないだけじゃなくて、ことごとく好機を
つぶして、得点が入らない。
ロサリオのブレーキで勝てなかった試合は
もう何試合になることやら。
年俸3億4000万円、少なくとも3億円は過払状態。

今思えば、実に無謀だったかも。
日本で、1回も打席に立ったことのないロサリオを
4番においての作戦は、
昨年、ショートから3塁に移るも、打率を残し、
守備では、ゴールデングラブをとった、鳥谷を
2塁手に玉突きで追いやった。
ロサリオは1塁手なんで、期待の大山を昨年のように
1塁に置けない、そこで、大山を本職の3塁に、
そのあおりで、突如鳥谷が2塁へ。
結果、鳥谷の打撃は大不振となる。

鳥谷を2塁に追いやってまで起用した大山は、
ご覧の通りの低空飛行。
そして、2塁手がやたらたくさんいる羽目になる。
気がついたら、糸原なんか、ショートを守る日もある。
このところは、植田がショートを守ることが多いけど、
これも、最近のこと。

内野の守備がグジャグジャになったのは、
ロサリオありきの影響です。
3塁手を、鳥谷、大山の併用にしとけば。

このままでは、ロサリオと心中することになる。
昨夜の負けで、巨人には、2勝7敗
対戦は25回なんで、この借金5を返すことは、
今季、かなり絶望的です。

首脳陣には、万一、ロサリオがあかんときの
プランBは、なかったんだろうか?
やはり指揮官は、常にプランB,プランCを
考えてもらわないと。
きょうからの広島3連戦によっては、
優勝の可能性が遠くなり、CS狙いとなりかねない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス