オンライン提出 体験記

初体験のオンライン提出は、無時に終了。
次回使う機会があるかは、不明ですが、
今回はすごく役立ちました。

今回、なぜ?通常のオンライン「申請」ではなくて、
オンライン「提出」だったのか?

背景は、5月の株主総会で、商号変更の期限付き
決議をし、その変更日が、7月4日。
商号変更、すなわち会社名変更は、銀行口座の名義と
絡むので、できるだけ迅速に登記を完了し、
タイムリーに登記簿謄本を取りたいニーズがありました。

7月4日の8:30に、オンライン申請しても、添付書類を
提出しないと登記が進みません。
郵送すると、1日手続きが遅くなるので、
郵送の選択はなし。
では、持参は?法務局の場所にもよります。

では、普通に紙申請を朝一番に法務局で済ませる。
これが、いちばん確実です。
でも、紙申請だと、登記完了をタイムリーに知ることが
できません。
オンライン申請だと、完了したメール通知があります。

そこで、折衷案、いいとこどりが、オンライン「提出」でした。

6月下旬にオンライン提出で登記すべき事項を
法務局に、前もって送っておきます。
そして、添付書類は、7月4日の朝一番に法務局に持参。

ここで疑問点が?
オンライン申請だと、添付書類が法務局に届くと、
オンライン処理状況が、すぐに、「審査中」になりますが、
「提出」のほうは、提出しても「審査中」になりませんでした。

提出して数日後に、実際の登記官が添付書類を審査するときに
「審査中」になりました。
この違いは?なんなのか?最初なので、戸惑いました。

完了通知は、オンライン申請と同じように届きました。

完了通知が17時ころにきたので、
すぐさまオンラインで謄本申請。
出来上がった謄本は、翌朝8:30に法務局でピックアップ
そして、そのまま顧客へお届け。
最短で、処理できました。

商号変更って、目的や、本店の変更手続きと同じなんですが、
万一、無事に登記完了しなかったら、
印刷物、かんばん、お披露目パーティ・・・・
すべてが、ダメになるので、とても神経を使いました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0