司法書士テリーの四方山ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 読書の夏。。。

<<   作成日時 : 2018/08/01 12:11   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

台風が通過したら、暑さもマシになるかと思ったたら、
相変わらずの酷暑の毎日。

阪神、弱いね。。。ほんとに、あかん。
いまさらですが、ひとつの傾向を、自分なりに発見。
相手の投手が、エース級だと、俄然得点力が落ちます。

こちらの投手が好投して、相手を抑えたら、
落ちた得点力でも勝つことがありますが、
たいがい、負けます。

そして、相手がエース級以外で、尚且つ、ビジターに
なると、今度は、俄然得点力が増します。
ただ、大量点取る試合は、そこそこ失点も多い。

エース級が出る、カードの初戦が取れません。
2連勝はできても、3連勝、4連勝となると
エース級と対戦する巡り会わせになるので、
大型連勝ができません。

この繰り返し。

先日、読んだ文庫本。
「がん消滅の罠 完全寛解の謎」
このミステリーがすごい大賞受賞作の帯をみて、
知らない作家でしたが、読むことに。
最初の、3分の1くらいまでは、興味わきましたが、
だんだん、面白くなくなり、結末も、いちおうサプライズ?
でしたが、肩透かし。(個人の感想です)

お口直しに、買い置きしていた、
東野圭吾先生の文庫本最新作
「人魚の眠る家」をきのうからスタート。

う〜東野圭吾は、鉄板ですね。
最初の、数ページで、ぐっと掴まれます。
まだ、3分の1ですが、読み進むのが
もったいないと思える作品です。
お奨め!!!

これを読み終えたら、
原田マハの「暗幕のゲルニカ」に入ります。
原田作品は、美術にすごく詳しくて、
文章も読みやすくて、ハズレはありませんね。

読みやすいといえば、中山七里作品。
中山作品は、東野圭吾とすごくテイストが似ています。
明快で、読みやすい。
ストーリーにテンポがあるので、どんどん読めます。

読み終えた文庫本は処分するタイプですが、
最近は、●ルカリ行きになってます。
350円くらいで出品するので、利益は数十円ですが、
処分するのも、もったいないので。
でも、●ルカリって、350円の文庫本を
値下げして欲しいとリクエストがよくきます。
どんな人が、そんなリクエスト出してるか
理解不能です(笑)

人魚の眠る家 (幻冬舎文庫)
幻冬舎
2018-05-30
東野 圭吾
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


大阪市淀川区西中島6-3-32

第2新大阪ビル805号

光嶋司法書士事務所

06−6306−2657


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス


マイリンク集

読書の夏。。。 司法書士テリーの四方山ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる