1万人の第九 お稽古編 第2回

大坂選手の優勝コメント、よかったですね。
幼稚園に入る前に、日本を離れてますが、
マインドには、しっかりと、日本人の心が
あるコメントでした。
なにより、世界のトップに立った晴れ舞台での、
おじぎが、とても印象的でした。
おじぎ 日本ですよね。

9月9日は、2回目のお稽古日でした。
1回目に、担当の先生がお休みされ
代打の先生だったので、担当の先生は、
2回目にしてはじめて。

担当の先生は、わたしも過去に体験済みですが、
すごく厳しい先生なんです。
ということで、人によっては、苦手な方もいると思います。

わたしの知人にも、事前情報入れときましたが、
きのう体験して、厳しくて、はじめて練習が
楽しくなかったと、こぼしていました。

練習内容は、最初からの通し。
ソリストの部分も歌いながらの。
ダメだし、ダメだしで、フーガまで、
たどり着きましたが、とても最後まではいけず。

指導は厳しいのですが、先生の言うとおりに
歌うと、なんとなく、うまくなった気になるから不思議。

音を外すと、先生が、こっちを見るんです。
やんわり、外してますよという目線で。
これが、緊張感を高めるので、慣れない人は、
相当疲れると思います。
という、わたしも、何度か、目線がきて、
疲れ果てました。
楽しかったですが、かなり疲れました。

帰り道、所用で、出町柳方面を訪ねたら、
鴨川沿いの大木が、台風で、倒れていました。
ここ、2時間ドラマでよくロケするとこなんですけど。
改めて、台風の威力を感じました。
画像