書いてないこと・・・・・

書いてあることの、誤りを見つけるのは容易ですが、
書いてないことの、誤りを見つけるのは難しい。

ともすれば、書いてないこと、すなわち、
抜け落ちていることに、気がつかないこともある。

このたび、会社の変更登記のご依頼で
相談にお見えになった会社様。

今回の、ご相談内容が片付いたあと、
気になったので、お尋ねしました。
取締役3名 監査役1名 資本金1000万円の
標準的な会社様です。

取締役のメンバーに変更ないのに、
2年毎に、改選の登記手続きをされてるんです。
さらに、監査役は、実態がなく、員数合わせのため
親族の名前を挙げているとのこと。

取締役、監査役の任期は、10年に伸ばせること。
取締役会を廃止すれば、監査役が不要になること。
それらをご説明すると、いい話をきいた、
ぜひ、そうしたいとのことでした。

さっそく、定款変更に関する総会関係の資料を
作成しながら、あることに気付きました。

株式譲渡制限の規定がない会社様だったのです。
登記簿にその規定が書いてないから、違和感があった。

古い会社様ですと、この規定がないことがありますが、
久しぶりに出会いました。

役員の任期を10年にするのも、取締役会を廃止するにも、
譲渡制限の規定があることが大前提です。
いつも、あるので、気づくのが遅くなりました。
確認すると、すべての株式につき、
不所持の申し出がなされているとのことでした。

であると、官報広告もいらないんで、
ほっとしました。

最近、買った、いい参考図書を下記に紹介。

事例で学ぶ会社の計算実務
中央経済社
金子 登志雄
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0