株主総会の議長

11/28 水曜日
きのう、今日と暖かい、小春日和

株主総会の議長について、ご質問がありました。
いつもは、、株主総会の議長は、社長が務めているが、
万一、社長が総会に
出席できないようなときは、誰が議長なのか?

という、ご質問。

総会で議長を選んでもいいし、
定款に議長についての規定がほぼ100%
あると思うので、それに沿って議長を
決めることになりますと、回答。

通常、定款に、「議長は社長がこれにあたる。
社長に事故があるときは、予め定める順序により、
他の取締役がこれに代わる」みたいな規定が
書いてあると思います。

そこで、一応、条文を当たっておこうと思いました。
捜せど、捜せど、議長の決め方の条文が見つかりません。

たしか、あったはず・・・・・

いまさらですが、会社法には、議長の選び方の条文が
ありませんでした。
あるのは、315条の議長の権限の条文のみでした。

会社法前の商法には、議長の決め方の条文があったんですが、
会社法になって、無くなったようです。

たまには、条文読まないとダメですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0