司法書士テリーの四方山ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 1万人の第九 本番編

<<   作成日時 : 2018/12/03 11:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

12月2日 36回目の、平成最後の
1万人の第九が無事におわりました。

万九に関わってくださるすべての方に
感謝しかありません。

歌い終わった瞬間の感激は、やはり
筆舌に尽くしがたいです。

気になる、シラーの詩の朗読の有働アナ。
すでに、スポーツ紙、ネットニュースで報じられてますが、
1ヵ所、ご本人にとっては、痛恨の読み直し。。。。
合唱団員は、そんなこともあるわ、
有働さん流で、よかったとの声が圧倒的です。
いわば、今後のために、ハードルを下げてくれました。

そういえば、リハで、ソリストの先生方も
若干のミステイク、
一流の歌手でも、こんなことがあるんだ、と思ってましたが、
これも、初体験でした。

1部のゲストについては、最初の半分は、
熟睡していてまったく聴いていないので割愛(笑)

2部の「第九」
自分自身は、なぜか、2ヶ所、歌いだしを
遅れてしまい、自己採点は、90点。
わたしの、座席位置が、真後ろ、そして真横が
女性陣アルトの大音量。
なんか、そちらに気を取られたのかもしれません。
まあ、飛び出して、迷惑かけるよりマシです。

ただ、その大音量に囲まれる中の
大好きな、二重フーガの部分は、とてもハモリを
感じられて、幸せな時間でした。

有名なメロディーのMの箇所では、
佐渡さんが指揮を止めて、ニコニコしながら、
合唱団を一周見守ってました。
その場面が、実にやばかったです。

その姿に、感激してしまい、涙腺やばし。
まだ、合唱半分以上あるんで、涙が厳禁
歌えなくなりますからね。

歌い終えたときの、達成感、感動、安堵、
終わった寂しさ、表現できない気持ちです。

今回で卒業しようかと、密かに思ってましたが、
新元号の一回目も歌いたくなりました。
歌うことができれば、昭和、平成、新元号と
歌ったことになるので。

まあ、当たるか、わかりませんけど。

第4楽章の美味しいとこだけの動画が
公式サイトにアップされています。
開始から、11分30秒あたりからが
合唱になります。
よろしければご覧ください。
https://www.mbs.jp/daiku/





大阪市淀川区西中島6-3-32

第2新大阪ビル805号

光嶋司法書士事務所

06−6306−2657

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ


マイリンク集

1万人の第九 本番編 司法書士テリーの四方山ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる