司法書士テリーの四方山ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 民法(相続)改正、第一弾

<<   作成日時 : 2019/01/11 12:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ことしは、民法の相続に関する規定が改正されます。

その第1弾が、なんと明後日(1/13)から!

自筆遺言の方式が緩和されます。
自筆遺言は、方式が厳格で、いまだに全文を
自筆で書く必要があります。

こんだけ、パソコンは普及してても全文自筆!
さらに、難儀なのが、誤記したときの
訂正の仕方も実にややこしい。

ということで、間違えて書いたら、
面倒でも、一から書き直すのをお奨めしてます。

今回の改正で、財産の一覧表のみ、パソコン作成が
できるようになります。

とはいえ、遺言の本文は従来とおりの自筆です。

もっとも、肝心の本文が遺言として適正な表現に
なっているかのほうが、重要です。
せっかく書いた遺言が死後、利用できないでは
書いた意味がありません。
死んでからでは、書き直しができません。

書くまえに、専門家への相談をお奨めします。

そして、来年の7月10日から、自筆遺言を
法務局で保管してくれる制度が新たに始まります。
この制度は、かなり活用できると思います。

しかし、なぜ?1月13日にしたんでしょう?
日曜だから?
1月1日でもよさそうな気もするし。

詳しくは、下記の法務省のサイトをご参照に
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji07_00222.html

大阪市淀川区西中島6-3-32

第2新大阪ビル805号

光嶋司法書士事務所

06−6306−2657

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ


マイリンク集

民法(相続)改正、第一弾 司法書士テリーの四方山ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる