国技館5000人の第九

きのうは、第35回 すみだ国技館5000人の第九が
大相撲の聖地、両国国技館で開催されました。

1万人の第九が、年末なら、
こちらは、毎年2月。
1万人の第九が、36回なので、
ひとつ、お兄さんになります。

大阪城ホールの完成をきっかけに
はじまったのが、1万人の第九。
国技館の完成をきっかけに、
はじまったのが、すみだの第九。

その当時は、こういう大型施設ができる
時代だったんですね。

万九で歌って、国技館で歌う、ダブルで歌う人が
いるのは、知っていました。
関西の人でも、万九を外れたから、
国技館で歌うという人もいました。
練習に通うの、お金も時間もかかるな~
とても、とても、わたしには、無理と
ずっと思ってましたが、大発見。

なんと、国技館のほうは、前日の全体リハにでれば、
それまでの、お稽古は、任意参加であることを
知りました。
これは、すごいシステムです。
参加申込みは、先着順だそうです。

国技館は、外観をみたことはありますが、
中に入ったことはありません。
将来、ぜひとも、いや、絶対に歌ってみたい。