イチロー引退

3月22日 フライデイ
きょうは、このニュースしかないですね

イチロー選手の引退
特に、大リーグのファンではないですが、
一昨夜も、昨夜も、東京ドームの中継みてました。

イチローといえば、一番印象に残っているのは、
2009年3月、日本が2連覇した、
WBCの決勝戦です。
大会中、不調だったイチローが、決勝打を放つ。
あまりにも、ドラマチックな決勝でした。
WBCの優勝トロフィーを、大阪ドームの
阪神開幕戦で、見たことをよく覚えています。

昨夜は、中継中に、試合後イチローの
記者会見があると速報が流れて、
これは、最後までみるしかない。
たぶん、引退?だろうな?
でも、開幕カードで引退発表って、
日本では、ありえない、というかアメリカでも、
イチローだけなのでは?

8回に、一旦、イチローが守備について、
そこで、監督が選手交代を告げる。
そして、試合を中断し、守備についている、
マリナーズの選手全員が、ベンチ前にもどり、
イチローを出迎える。
こんな光景は、かつてみたことがないです。

アメリカという国は、一流の選手やメダリストに
すごく敬意を払いますよね。
感動的なシーンでした。

しかし、同点になったとき、あせりました。
大リーグは、決着がつくまで延長するということ。
延々と続いたら、記者会見はどうなるの?

結果的には、12回でマリナーズが勝ちました。

記者会見の途中で寝落ちしました。
最初しか見てませんが、
イチローは、すべてがイチローでした。
間違いなく、その名は永遠に残るだろうし、
教科書にのる偉人のひとりだと思います。
わたしが、小学生の頃には、偉人の伝記を
よく読んだものです。
野口英世物語なんかは、何度も読みました。
イチローって、何十年かたったとき
きっと、そういう存在になってると思います。

2009年のWBCのときに、このブログをはじめました。
当時の記録をみると、
総理大臣は麻生さん、
某国から、ミサイルが飛んでくるかもしれないから、
東北では、厳戒態勢だった、
「吟じます~」という芸人さんが人気あった。
いろんなことを思い出します。