阪急阪神ホールディングス

昨日(6/13)梅田にて、
阪急阪神ホールディングス株式会社の
定時株主総会が開催されました。

毎年、どちらかというと、スポーツ新聞で
話題になる、稀有な株主総会です。
総会では、恒例の阪神タイガースに関する質問が
展開されますが、この質問が実に
よく言えば、ウィットに飛んでいます。
平たく言うと、笑いを呼ぶ質問。

株主さんは、練りに練った、自慢の質問をする。
それに、役員が、真面目に答える。
ことしも、面白い質問が出てます。
ネット中継して欲しいですよね。

ホールディングス(HD)とは、株式を保有するだけの
会社の会社のことです。
ピラミッドの頂点に、ホールディングスが君臨し、
その参加に、兄弟のように、各事業会社がぶら下がります。

阪急阪神HDの場合、参加には、お馴染みの
阪急電鉄、阪神電気鉄道、阪急交通社・・・・・
そして阪神タイガースが。
阪急電鉄とタイガースは兄弟会社ということです。

総会では、最初に、重要な事業である電鉄や不動産関連の
質問がでて、そのあとに、タイガースの質問がでるようです。
タイガースは、宝塚歌劇とともに、エンタメ事業部の管轄ですが、
エンタメ事業部の昨年の売り上げが、
なんと、1265億円、営業利益が187億円
エンタメ事業部だけで、りっぱな上場会社になれる。
それも、優良企業。

この利益の一部に、貢献しているかと
思うと、鼻が高いです(笑)