7月1日

一年の半分が過ぎました。
きのう、6月30日は、京都では、
夏越の祓ということで、
水無月を食べる日、
そして、神社で、茅の輪くぐりをする日。

京都人としては、欠かせない行事ですので、
野球を見に行ってる場合ではなくて、
朝から、百貨店へ水無月を買いに。

デパ地下、あっちも、こっちも、水無月だらけ。
値段もまちまち、羊羹で有名なお店と、
大衆的なお店では、倍以上値段が違う。

わたしは、いつもの大衆的なやつを購入。
お昼には、売り切れますからね。

どしゃぶりのなか、神社にて、茅の輪くぐり。

野球中継には間に合いましたが、
野球も気になるけど、Mr.Presidentの動向も気になる。
さすがに、野球どころではなかったです。

生中継のニュースを固唾を呑んでみていましたが、
歴史的できごとにしては、あっさりと境界線をまたぎ、
スタスタと歩を進めていましたね。
Mr.President、成果はともかくとして、
実行力というか、決断力はすさまじいです。

境界線をまたいだときに、
アポロ11号のアームストロング船長の有名な言葉を
思い出しました。
人間にとっては、小さな一歩だが・・・・というやつです。

そんな歴史的な出来事に隠れて、
阪神は、暴投でサヨナラ負け、
借金1で、7月をむかえることに。

しかし、土曜日は、両チームヒット9本ずつ、
日曜日は、阪神がヒット6本、中日のヒットが2本
二日で、15本のヒットで阪神は、1得点。
きのうなんか、2本しかヒット打たれていないのに、
サヨナラ負け。。。。どうなっているのか。
この時期の、借金1は、重いですよ。