終戦記念日 台風10号

終戦記念日 74年も経つんですね
終戦記念日の前には、御巣鷹山の事故の
ニュースが流れます。
御巣鷹山から、34年。
御巣鷹山の事故なんか、記憶に新しくて
ついこの間の出来事です。

小説、ドラマ、映画で、時おり見るので、
余計に記憶が鮮明なのかもしれませんが。

御巣鷹山の時は、戦後から40年しか経って
なかったことになります。
元祖、東京五輪が戦後19年目の出来事
万博が、戦後25年の出来事。

日本の戦後復興って、ほんとにすごいと実感します。

終戦記念日の式典の、天皇、皇后両陛下をみて、
改めて、令和という時代になったと実感しました。

そして令和最初の終戦記念日に台風10号
前日より、警戒を促すニュースがずっと流れてました。
京都は、お昼頃から、風雨が強まるとのこと。
不要不急の用事以外は、在宅せよとのこと。

京都市内でいうなら、朝から、時おり晴れ間が、
雨は午後になっても、ほとんど降らず。
ときおり、突風が吹くと、昨年の9月の台風の
トラウマで、怖い怖い。

しかし、阪急、京阪とか、いわゆる私鉄は
止まるかも止まるかも、といいつつも、
結局、平常運転。
JRは、あちこちで、運行停止、JRもいまは
私鉄ですが、毎回思いますが、なぜ、JRだけ
やたらと止まるのか?
運行距離が長いというのも、考えられますが、
あれ、もうすこし、工夫できないものなのか?

これから、台風の季節、考えるだけで、ぞっとします。