再び ツイッター一揆か

検察庁法の改正が見送りになるようです。
私自身は、法案を読み込んだわけでもなく、
テレビニュースで見る程度の知識なので、
特に持論を持たないのですが、
ツイッターで、猛烈な反対運動が起こっているのを見て、
これは、見送りか?と思いました。

ついこの間、同じ現象を見たからです。
例の、30万円から、10万円の一律給付で
大どんでん返しが起きたときです。
このときも、ツイッターに嵐が吹いていました。
まさに、令和版の民衆一揆、いわば、ツイッター一揆です。

ツイッターで、政治の動きが変わることは確かです。

ツイッターを見てると、実に面白いです。
いろんな意見があります。
誰でもが、自由に、自分の意見を公にできる、
ツイッターはすごいと思うとともに、
日本には、そういう自由があるんだと、
改めて思う次第です。

今回は、芸能人の方々も、反対運動してましたが、
確かに、ほんとに、法案理解して反対してるのか?
いささか疑問でもあります。
世間では、芸能人が政治的意見を言うのに、
賛否があります。
わたしは、どちらかというと、反対。
芸能人は、その芸で、我々に、夢や潤いを
与えてくれる存在であって欲しいからです。
いわば、浮世離れしてこそ、芸能人だと思うから。

好きな芸能人が、検察庁法改正に反対されると、
なんか、テレビみていて、夢が覚めます。
あくまでも、私見です。

ただ、ツイッターで意見いってる人が
偏ってないか、ほんとに、世の中の
大半の人が、そう思っているのか?
ここは、よく見極めないとあきませんね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0