1万人の第九 のこと

何もしない間に、9月になりました。
例年なら、1万人の第九のお稽古が各地で
始まる時期です。

そもそも、団員に当選するのか?
当選したなら、希望のクラスにいけるのか?
当たったクラスの先生は、どなたなのか?
A先生なら嬉しいけど、B先生なら、6回の
お稽古のうち、1回はお休みしよう~
なんて、考える時期。

昨年は、初めてのリモートレッスンで、
12月の本番を目指しました。
リモートレッスンでも、飢えていたので、
発声練習ですら、楽しかった。
やり始めて、わかったこと。

練習会場のように、思い切って歌えません。
致命的なのは、ひとりで歌うから、合唱にならない。
合唱の練習のだいご味は、お隣の人との
響き合いを体感できるところにあります。
だから、本番より、お稽古が楽しい。
リモートレッスンでは、それが、ゼロでした。
当たり前ですが。

ことしも、リモートレッスンは始まっています。
昨年より、バージョンアップしています。
その分、お値段も上がりました。
これは、しかたがないこと。
でも、値段じゃないんです。
ひとりだと、かえってストレス、
だから、まだ、申し込んでいません。
動画の投稿も悩み中。

きのう事務局にツイッターで、リモートレッスンの
申込者が少ないことが話題になっていました。
やはり、みんな、おんなじなんですね。

ただ、1万人の第九の歴史に、つめ跡は残したい。
そろそろ、申込をする時期かもしれません。
なお、本番は、12月5日!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0