大山の4番戻しは、反対

先週末の、巨人との3連戦は、2勝1分 3試合とも、負けそうな展開からの 粘りでした。 その中で、光ったのが6番の大山選手 生え抜きの和製4番が悲願ではありますが、 大山は、6番がいいんでは。 前回、4番から、7番、6番と下げられたときも 大山は、安打を打ってました。 打ったからといって、2、3試合で、4番に 戻…

続きを読むread more